<i-mode> <English> Home>>パスタ講座>>パスタの種類
ようこそはまの厨へ
since 2001.8.
HOME
パスタレシピ
パスタ講座
基礎パスタ学
基礎演習
パスタ解析
パスタ雑学
パスタBBS
横浜グルメ
Web素材
Works
パスタの種類
 パスタはイタリア語で「生地」という意味で、 タンパク質の多い硬質の小麦粉・デュラム小麦から作られています。 このサイトのレシピは、最もポピュラーなパスタといえるスパゲッティ用として書かれているものがほとんどですが、 ご存知の通り、パスタはその形状や大きさ、材料によってさまざまな種類のものが存在します。 ここでは、よく使われるパスタと、それと相性のよいレシピを紹介していきます。 同じソースでも、使用するパスタが異なるとまた違った楽しみがうまれます。 なお、ソースとの相性も多少はありますが、 どんなパスタを使っても、まずくなるということは基本的にはあまりありません。

※注:正確には、パスタは乾燥パスタと生パスタに大別されますが、 ここで紹介しているのは一般的な店で手に入る前者のほうです。

スパゲッティ
 伊名Spaghetti
 「細いひも」を語源とする、長さ20〜30cm、太さ1.0〜2.0mmのロングパスタ。 太さによってさらに細かく分類したりもしますが、地域やメーカー、レストランによって分け方は異なります。 細かく名前付けしたところでパスタが美味しくなるわけでもないので、あまりつっこむ気にもなりませんが、 日本農林規格(JAS)や有名パスタメーカーの分け方を参考にすれば、右のような感じで考えておけば間違いはないでしょう。
 名前よりむしろ大事なのは以下の3つです。頭の片隅にでもいれておいて下さい。

1.常備しおくべきは、どんなソースでもOKな1.5〜1.6mm

2.太い麺は濃厚なソース(クリームソースやミートソース)に、細い麺はあっさりしたソースや和風ソースによく合う。

3.冷製パスタには、標準〜細めの麺がよく合う。


Spaghetti











2.0〜 スパゲットーニ(spaghetoini)
1.6〜1.9 スパゲッティ(spaghetti)
1.2〜1.5 スパゲッティーニ(spaghettini)
1.0〜1.4 フェデリーニ(fedelini)
〜0.9 カッペリーニ(capellini)
リングイネ
 伊名Linguine
 「小さな舌」を語源とするリングイネは、 切り口が円形であるスパゲッティに対し、楕円形をしているのが特徴です。 このちょっとした形状の差が、食感をかなり違ったもの(ヌードルのような感じ)にします。 やや太めのスパゲッティと同様、濃厚なソースによく合います


Linguine
【使用例】 プッタネスカ
豚キムチペペロンチーノ
海老とホウレン草の
 ジェノベーゼスパゲッティ

ブカティーニ
 伊名Bucatini
 「小さい穴」を語源とする、中心に小さな空洞があるロングパスタ。 空洞は、寒い冬でも早く茹で上がるようにするための工夫によるもので、食感もスパゲッティとは異なります。
 アマトリーチェ地方の代表パスタ・アマトリーチェ(トマトソースとパンチェッタ)は、伝統的にこのパスタを使い、 その他には やや太めのスパゲッティと同様、濃厚なソースによく合います


Bucatini
【使用例】 アマトリーチェ
ボンゴレロッソ
フェットチーネ
 伊名Fettuccine
 卵を加えたきしめん状(幅4〜7mm)のパスタ。 地方によってはフェットチーネではなくタリアテッレ(tagliatelle)と呼ぶこともあれば、 比較的幅の広いものをタリアテッレ、狭いものをフェットチーネと読んで区別することもあります。 またフィットチーネよりも幅の狭い平麺パスタはタリエリーニ(taglierini)といいます。
 スパゲッティと比べてどっしりとした感じがあり、濃厚なソースによく合います。

Fettuccine
【使用例】 カルボナーラ
タラコの和風クリーム
ラグー・コン・フンギ
ペンネ
 伊名Penne
 「ぺん先」を語源とするペンネは、 その名のとおり、中が空洞になっているペン型のパスタです。 特に、ソースがからみやすいように表面にスジがいれられたものを「ペンネリガーテ」と呼びます。
 ペンネアラビアータが最もポピュラーで、 その他にはチーズソースのような濃厚なソースによく合います。


Penne
【使用例】 アラビアータ
わたりがにのトマトクリーム
ゴルゴンゾーラ
パイナップルとベーコンの
 クリームソース

コンキリエ
 伊名Conchiglie
 「貝殻」を語源とするコンキリエは、 その名のとおり貝殻の形をしたパスタで、その大きさはさまざまです。 小さなものはスープの浮かし、中くらいのものはソースとからめたりて使用したり、サラダに使用したりするのが主です。 似たようなパスタに、かたつむりの貝殻の形をしたルマーケ(lumache)があり、 こちらの用途もコンキリエと同じです。
  大きなコンキリエや大きなルマーケ(= ルマコーニ)は、中に具をつめて焼いたり煮込んだりするのに使われます。 その調理法は、ゲストのヒロミさんのレシピを参考にしてみて下さい。


Conchiglie
【使用例】 味噌トマトスパゲッティ
ナスとツナのトマトクリームスパ
ミネストローネスパゲッティ
その他のショートパスタ
 蝶リボン状のファルファッレ(Farfalle)、 耳たぶ型のオレキエッテ(Orecchiette)、 螺旋状のフジッリ(Fusilli)、 中が空洞になっている、いわゆるマカロニのリガトーニ(Rigatoni)あたりが、日本の一般のスーパーでもおめにかかることのできるショートパスタです。 食感が全て違うので、同じソースでもいろいろと楽しめます。



【参考】100g ゆでた時の重さの変化
コンキリエ 160g
ファルファッレ 140g
フジッリ 150g
リガトーニ 180g
オレキエッテ 190g

Farfalle
【使用例】 ミネストローネスパゲッティ
クラムチャウダースパゲッティ

Fusilli
【使用例】 ピリカラトマトのカルボナーラ

Rigatoni
【使用例】 チーズマニア
Copyright(c) 2002-2003 Mr.HAMACCO All Rights Reserved.